台湾市場マーケティング戦略

全体方針

  • 海外旅行者のほとんどが訪日旅行経験者であるという市場特性を踏まえ、リピーターであっても経験したことがないような地方の魅力をオウンドメディアや旅行博出展などを通じて発信するとともに旅行会社に関連旅行商品の造成を促すことで、リピーターの更なる訪日地方誘客の促進を目指す。
  • 家族・親族旅行の中核世代である30~40代及び訪日旅行の最大ボリューム層である20~40代を対象に、最新のアドベンチャートラベルや飲食施設の情報を積極的に発信し、地方誘客促進・旅行消費額単価向上を図る。
  • 旅行消費額単価を向上させるため、50代以上の高所得者層を対象に、上質な宿泊・飲食施設やSDGsを意識した文化体験などのコンテンツ紹介の発信を強化する。
  • 地方誘客の強化を目指し、日本の地方空港との間で航空路線を有する航空会社などとの共同広告を実施する。

ターゲット

  • 30~40代 家族・親族 FIT
  • 20~40代 夫婦・パートナー、友人 FIT
  • 50代以上 世帯可処分所得上位40%(55万円/月以上) 夫婦・パートナー、家族・親族 FIT

サブターゲット

  • 20~40代 一人旅行 FIT
  • 教育旅行関心層
  • 訪日未経験者 訪日経験者(訪日経験1・2回) 中南部

ターゲット別の戦略・戦術・基礎データ

台湾市場 ターゲット別の戦略‧戦術
台湾市場ターゲットの特徴(訪日旅行経験・旅行時の特徴等のデータ)

添付資料

台湾市場訪日マーケティング戦略(全体版)

※市場別マーケティング戦略の記載の留意事項については以下よりご確認ください。 市場別マーケティング戦略の記載の留意事項