グッドウィルガイド

善意通訳(GG=Goodwill Guide)

善意通訳 画像

訪れた国で言葉が通じないと不安を感じます。そこで、日本政府観光局(JNTO)では、訪日外国人旅行者が国内各地を安心して旅行できる環境整備の一環として、言語障壁の緩和に向けた「善意通訳普及運動」を提唱、推進しています。

「善意通訳普及運動」とは、町なかや駅、車中などで言葉が通じず困っている外国人旅行者を見かけた際に、語学力を活かして積極的に手助けするなど外国人旅行者の言葉の上での困難や不便の解消を目指すという趣旨の、一人一人のボランティア精神の普及運動です。
JNTOでは、この運動の趣旨に賛同し、ご登録いただいた方に対し、その意思表示のしるしとして善意通訳カードとバッジを交付しています。

善意通訳運動は、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催時に初めて提唱‧実施されて以後、1979(昭和54)年からは通年で継続されています。今では全国に普及し、賛同者それぞれの自発的な善意通訳活動により、訪日外国人旅行者への接遇の向上と国際相互理解に貢献していただいております。

応募資格

18歳以上で、外国語で簡単な道案内ができる程度の語学⼒を要し、善意通訳普及運動の趣旨を理解している⽅

応募方法

申込フォームをプリントアウトし、必要事項をご記⼊の上、下記のJNTO「善意通訳担当係」宛てに郵送してください。
(プリントアウトができない場合は、事務局宛てに84円切⼿を貼った返信⽤封筒を送付ください。申し込み用紙を返送いたします。)

登録後に善意通訳の意思表示のしるしとして善意通訳バッジ及びカードを郵送いたします。その際の送料は、登録者の方にご負担頂いておりますので、120円切手を申込書に同封してください。

※来訪での受付はできかねます。必ず郵送にてお申込みください。
※訪日外国人旅行者の増加により、現在登録申込みが増えております。
 登録申請郵便物の受付から善意通訳バッジおよびカードの発送まで通常約3週間~1か月程度かかります。

善意通訳応募申込フォーム

善意通訳普及運動は、善意通訳者(グッドウィルガイド)の⽅々の善意による⾃発的な⼿助け活動を呼びかけるものです。
JNTOから皆様に対して特別な指⽰や斡旋、活動の依頼をすることは⼀切ありませんので、その点をご理解くださいますようお願いいたします。また、活動中に⽣じた事故・トラブルの責任はJNTOでは負いかねます。あらかじめご了承ください。

2018年1⽉4⽇から通訳案内⼠法が改正され、全国通訳案内士の資格がなくても有償ガイドを行えるようになりました。詳細は以下URLの通り国土交通省観光庁のウェブサイトをご覧ください。
国土交通省官公庁 通訳ガイド制度

善意通訳組織 (SGG=Systematized Goodwill Guides)

善意通訳普及運動⾃体はあくまでも個⼈ベースでの善意の活動を呼びかけるものですが、団体単位でより積極的な活動するために善意通訳者の方々がSGG(Systematized Goodwill Guide)というボランティア組織を発⾜させるケースがあります。
現在SGGは90団体以上あり、活動内容や⼊会基準などは各団体によりさまざまです。

関心をお持ちの方は、以下のSGGリストを参照のうえ団体へ直接お問い合わせください(地域によってはSGG⾃体が無い場合もございます)。
JNTOでは、全国のSGGの連携を促進するとともに、1989(平成元)年度より、地⽅⾃治体等の推薦に基づき、特に顕著な活動を⾏った個⼈(10年以上活動)、組織(5年以上活動)に対して理事⻑表彰を⾏っています。

SGG一覧(英語)はこちら

お問い合わせ

地域連携部 受入対策グループ 「善意通訳担当係」
TEL:03-5369-3337
以下をご確認いただき、ご不明点がございましたらお問い合わせください。
よくあるご質問・お問い合わせ