シンガポール市場マーケティング戦略

全体方針

  • シンガポール国籍保有者の7割以上が訪日旅行経験のあるリピーター中心の成熟市場として、訪日旅行経験の多い20~40代を中心に、BtoCの取組を優先的に実施する。
  • 認知されていない地方の魅力、特別な機会に相応しい旅行や、学びの要素を含む旅行などの新しいコンテンツや旅のスタイル、閑散期を含む訪日旅行の魅力を訴求することで、ライフスタイルや年齢などの変化に応じ、何度も訪日旅行する生涯リピーター層を育成する。
  • 一回当たりの旅行消費額単価の向上のみならず、生涯旅行消費額の拡大を狙う。
  • 旅行会社の訪日知識のアップデートを実施し、連携して訪日旅行の情報を発信する。

ターゲット

  • 訪日経験者 20~40代 夫婦・パートナー
  • 訪日経験者 20~40代 家族(子連れ)
  • 20~30代 一人旅行、友人、兄弟姉妹

サブターゲット

  • 世帯可処分所得上位8%(2,300万円/年以上) ※在星外国人を含む

ターゲット別の戦略・戦術・基礎データ

シンガポール市場 ターゲット別の戦略‧戦術
シンガポール市場ターゲットの特徴(訪日旅行経験・旅行時の特徴等のデータ)

添付資料

シンガポール市場訪日マーケティング戦略(全体版)

※市場別マーケティング戦略の記載の留意事項については以下よりご確認ください。 市場別マーケティング戦略の記載の留意事項