2012年12月15日

JNTO松山理事長が豪州で「Japan Expo & Matsuri in Sydney」に出席

JNTO松山理事長の挨拶
 JNTO松山理事長は、2012年12月15日(土)シドニーのタンバロンパークで行われたJapan Expo & Matsuri in Sydneyに出席した。
 
 JNTOとオーストラリア政府観光局(TA)は、2013年を日豪観光交流年と設定し、日豪両国の交流をより深めるとともに、双方向の観光客誘致に繋げる施策を実施していく予定である。Japan Expo & Matsuri in Sydneyはそのプレイベントとして、ビジットジャパン事業の一環として開催された。
 開会式では、小原在シドニー日本国総領事に続いて松山理事長が挨拶を行い、その後コンテストの審査員を務め、賞品授与を行った。

JNTOや在シドニー日本国総領事館、国際交流基金(JF)、日本貿易振興機構(JETRO)、自治体国際化協会(クレア)、シドニー日本クラブが連携し、日本からも東京、沖縄、東北、USJがブースを出展したほか、日本語講座や浴衣の記念撮影など日本の伝統文化を体験できるブースやクールジャパンをテーマとしたCGアニメワークショップに参加できるブースなども設置し、オールジャパン連携により、日本の多彩な魅力をPRした。
会場は、オーストラリア人のみならず、中華系や韓国系のアジア人のほか、オーストラリア在住の日本人が多く訪れ、年齢も10代から70代以上までと幅広い年齢層の来場者があった。総来場者数は推計約1万6000人であり、日本の魅力を十分にPRできたイベントとなった。
会場の様子
会場の様子