通訳案内士試験概要

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。平成29年4月1日現在の登録者数は22,754人に達しています。通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です。平成28年度通訳案内士試験には、2,404人が合格しました。
通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、“民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。

平成29年度通訳案内士試験

NEW 平成29年度通訳案内士試験の願書受付が始まりました。

平成29年度通訳案内士試験施行要領(小冊子)ダウンロード
※平成29年度通訳案内士試験に出願される方は必ずお読みください。

《試験日程》 くわしくはこちら
筆記試験:平成29年8月20日(日)
口述試験:平成29年12月3日(日)


《願書の配布・受付》 くわしくはこちら
願書配布・受付期間 平成29年5月15日(月)~6月26日(月)
                               ※郵送の場合は6月26日消印有効

電子申請方式

書面願書配布場所
 •  JTBコミュニケーションデザイン内通訳案内士試験係 (下記)
  (独)国際観光振興機構インバウンド戦略部通訳案内士試験係(東京都新宿区四谷)
  同機構ツーリストインフォメーションセンター(東京丸の内)
  各都道府県観光担当課
  一般社団法人日本観光通訳協会
  協同組合 全日本通訳案内士連盟
 【準会場】 国際外語・観光・エアライン専門学校(新潟市)
 準会場】 熊本外語専門学校(熊本市)
   【準会場】 研修センター「如学館(しがくかん)」(秋田市)
 【準会場】 弘前土手町 試験会場
※準会場については
こちらをご参照ください。
 


書面願書請求方法
  返信用封筒(※)を下記請求先宛にご送付ください。
    (返信用封筒を送る際は、封筒を折って構いません。)
 
〒105-8335 東京都港区芝3丁目23番1号
        セレスティン芝三井ビルディング12階
        (株)JTBコミュニケーションデザイン内通訳案内士試験係
         Tel. 03-5657-0808 (10:00~17:30 土・日・祝休業)

 宛先の横か下に「願書請求」と朱書きしてください。(願書提出の封書と紛れるのを防ぐため、必ずご記載ください。)

※返信用封筒:

 角型2号(A4書類が折らずに入るサイズ。これより小さいサイズでは送付できません。)
 「施行要領●部在中」と送付部数を入れて朱書きしてください。
 返信先住所・氏名を記載
    切手は封筒にお貼りください。 
 切手は請求部数により以下をご参照ください。
 
1部: 140円      2部: 205円    3部: 250円
   4~6部: 400円   
7部以上ご希望の場合は、着払いを利用する場合もあります。事前に電話でご相談ください。

《試験科目、受験料、試験場所、免除等》  こちらをご参照ください。
 
 

通訳案内士試験ガイドラインが改定されました。

平成28年度より通訳案内士筆記試験免除の対象となる資格が増えました

 中国語免除

 ・中国政府教育部 孔子学院总部/国家汉办が制作するHSK6級180点以上(旧高等試験9級以上)の資格を有する者

韓国語免除
 ・国立国際教育院が制作する韓国語能力試験(TOPIK)の6級に合格した者

外国語検定試験で当該「外国語」筆記試験免除申請ができるもの

通訳案内士試験の公式Facebookページはこちら

お問い合わせ先

《平成29年度試験について》
• (株)JTBコミュニケーションデザイン内 通訳案内士試験係
TEL: 03-5657-0808 (10:00~17:30 土・日・祝は休業)

《通訳案内士試験全般について》

• 独立行政法人国際観光振興機構 インバウンド戦略部 受入対策グループ 通訳案内士試験係

TEL:03-6691-0940(9:15~17:45 土・日・祝は休業)