筆記試験準会場制度

準会場とは・・・

学校等で、願書受付等の業務から筆記試験当日運営までを引き受けて行う制度。基本的には準会場となる学校等の関係者(学生、職員、卒業生等)のみを受験の対象とします。
なお、国家試験本会場となる都市から遠隔地にある準会場の一部では、一般公募で受験者を受け入れています。

準会場での受験に関する注意事項

  • 準会場で受験できるのは筆記試験のみです。筆記試験を準会場で受験し、合格した場合、口述試験は本会場(英語・中国語・韓国語は東京近郊・大阪近郊・福岡市から選択、それ以外の言語は東京近郊のみ)での受験となります。
  • 準会場で受験する場合は、受験料の支払先と願書の提出先は準会場となります。準会場以外で受験する場合の提出先とは異なりますので注意してください。
  • 準会場で受験する場合、願書の筆記試験受験地欄に記入する番号は受験される会場にお問い合わせください。
  • 本会場で一旦申し込んだ出願者が準会場に、あるいは、準会場で申し込んだ出願者が本会場に変更することはできません。
  • 準会場での願書受付期間は、本会場での受験の受付期間より短くなりますので、各準会場にお問い合わせください。
  • 準会場での受験を希望する場合、電子申請はできません。

平成29年度準会場

  • 一般公募を受け付けていない準会場
    ・駿台トラベル&ホテル専門学校(東京都豊島区)
    ・東京観光専門学校(東京都新宿区)
    ・早稲田文理専門学校(東京都豊島区)
    ・神田外語大学(千葉市)
    ・ECC国際外語専門学校(大阪市)
    ・ケンブリッジ英検近畿試験センター(神戸市) 
  • 一般公募を受け付けている準会場
    ・国際外語・観光・エアライン専門学校
    〒951-8063 新潟市中央区古町七番町935 Tel. 025-227-6330
    URL: http://www.air.ac.jp/licenced_guide

    ・熊本外語専門学校

    〒860-0804 熊本市中央区辛島町8-14 Tel. 096-326-0291
    URL: http://www.kfla.ac.jp/data/ige.pdf 

    研修センター「如学館しがくかん」(秋田銀行)
    〒010-0011  秋田市南通亀の町7-15 Tel. 018-863-1212(代)
    担当部署: 秋田銀行 地域サポート部
    URL: https://www.akita-bank.co.jp/index.htm

    ・弘前土手町 試験会場 (株式会社I・M・S)
    〒036-8182 弘前市大字土手町134-8 株式会社I・M・S
    Tel. 0172-32-5801
    URL: http://ims-hirosaki.com/

筆記試験準会場制度に関する問い合わせ先

独立行政法人 国際観光振興機構 (通称:日本政府観光局(JNTO))
インバウンド戦略部受入対策グループ 通訳案内士試験係
Tel:03-6691-0940(月~金 9:15~17:45)
E mail: guide@jnto.go.jp