2008年6月27日

JNTOが通称「日本政府観光局」を使用

独立行政法人国際観光振興機構(JNTO)は、事業内容をより分かりやすくご理解頂けるよう、通称として「日本政府観光局」を使用する。

JNTOは1964年に特殊法人国際観光振興会として発足以来、40年以上に渡り、海外における日本の観光宣伝や日本国内における外国人旅行者への観光案内など日本の政府観光局としての事業を行ってきた。2007年に施行された「観光立国推進基本法」を受けて閣議決定された「観光立国推進基本計画」で、JNTOは「外国人観光客の来訪促進の中核を担う我が国の政府観光局」として改めてその位置付けが確認された。

「ビジット・ジャパン・キャンペーン」(VJC)において、JNTOは重点市場に有する13の海外事務所のネットワークとマーケティングのノウハウを活用し、プロモーション事業の企画・実施に積極的に参画しており、今年4月からはVJC実施本部事務局の機能も担っている。

国際理解の促進や経済効果など訪日ツーリズムの重要性が増す中、ビジット・ジャパン・キャンペーンを中心とした各種事業の推進役として、JNTOに対する期待は高まっている。通称「日本政府観光局」の使用を機に、観光立国の実現を目指して、これまで以上に外国人旅行客の誘致事業に貢献していく。

お問い合わせ

企画部
藤内、伊藤
03-3216-1905
03-3214-7680