プロフィール

日本政府観光局とは

  政府観光局とは、主要な市場に海外事務所等を設置し、外国人旅行者の誘致活動を行う政府機関のことで、世界の主要な国々が政府観光局を有して、熾烈な外客誘致競争を展開しています。日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization、正式名称:独立行政法人 国際観光振興機構)は、東京オリンピックが開催された1964 年、我が国の政府観光局として産声をあげ、50年間にわたって訪日外国人旅行者の誘致に取り組んできた日本の公的な専門機関です。JNTO は、世界14 都市に海外事務所を持ち、日本へのインバウンド・ツーリズム(外国人の訪日旅行)のプロモーションやマーケティングを行っています。
JNTOの海外事務所ネットワーク

名称

独立行政法人 国際観光振興機構
Japan National Tourism Organization (JNTO)

通称

日本政府観光局(JNTO)

所在地

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL:03-3216-1905  FAX:03-3214-7680(経営管理部)

設立日

平成15年10月1日

組織

理事長:松山 良一(まつやま りょういち)

目的

海外における観光宣伝、外国人観光旅客に対する観光案内その他外国人観光旅客の来訪の促進に必要な業務を効率的に行うことにより、国際観光の振興を図ること

主な事業活動

  • 外国人観光旅客の来訪促進
  • 外国人観光旅客の受入対策
  • 通訳案内士試験の実施に関する事務代行
  • 国際観光に関する調査及び研究
  • 国際観光に関する出版物の刊行
  • 国際会議などの誘致促進、開催の円滑化

さらなるインバウンドの拡大に向けて

 JNTOは、2015年、訪日プロモーション事業の中核的組織として新たな第一歩を踏み出しました。
「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(平成25年12月24日閣議決定)、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014」(平成26年6月17日観光立国推進閣僚会議決定)及び「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)において、JNTOは訪日プロモーション事業の実施主体と位置づけられ、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を見据えたインバウンド(訪日外国人旅行者)の飛躍的拡大に向けた取組において、中核的な役割を果たし、観光立国の実現に向けて国が掲げる目標の達成に貢献することが期待されています。
 JNTOは、訪日プロモーション事業の実施主体として、これまで以上に取り組みを充実させていく所存です。特に、JNTO海外事務所における事業の企画と現地発注により、外国人目線でのプロモーションを展開するとともに、市場動向の変化に迅速・臨機応変に対応していくとともに、諸外国との競争に打ち勝つ効果的なプロモーション活動を実現していき、また、受入体制整備、魅力ある観光地づくりを推進する所存です。
 

2014年まで                     2015年以降